数字で見る高度救命救急センター

大分大学医学部附属病院救命救急センターに関する様々な情報を
わかりやすくまとめてご紹介します。

高度救命救急センターに関するいろいろな情報を1分でわかるくらい簡単にまとめました。

大分大学医学部附属病院からの所要時間

ドクターヘリ15分 ドクターカー40分

ドクターヘリとドクターカーで、大分県全域をカバー。広域救急医療体制。

ドクターヘリの医療体制

防災ヘリ「とよかぜ」: 大分県ドクターヘリ:70km・21分圏域 福岡県ドクターヘリ:70km・21分圏域

ヘリ3機体制での、広域救急医療体制が整っている。

医療圏別の要請件数(5年間)

  • 東部0
  • 北部0
  • 中部0
  • 西部0
  • 南部0
  • 豊肥0
  • 801
  • 365
  • 417
  • 142
  • 1019
  • 282

消防覚知から病着までの時間(現場)

時系列(秒)
  • 1025
  • 166
  • 771
  • 1174
  • 662
  • 覚知-要請
  • 要請-出動
  • 出動-着陸
  • 現場滞在時間
  • 離陸-病院着
現場滞在時間の内訳(秒)
  • 273
  • 485
  • 416
  • 着陸-診察開始
  • 診察時間
  • 診察終了-離陸

大分県の人口と65歳以上の割合


大分県の救急患者の多くを占める65歳以上の割合が3割以上ある地域は、
18市町村中15市町村です。
そのうち4割を超える地域は6市町村あります。

県人口
0
65歳以上
0%

5年間の実績(運航開始〜)

要請件数の推移

  • 206
  • 213
  • 244
  • 224
  • 258
  • 255
  • 298
  • 256
  • 258
  • 282
  • 23
  • 42
  • 57
  • 72
  • 55
  • 85
  • 59
  • 59
  • 58
  • 57
要請
3,061
出動
2,494

「現場」の内訳

  • 〜10代7%
  • 20代5%
  • 30代5%
  • 40代6%
  • 50代11%
  • 60代20%
  • 70代20%
  • 80代22%
  • 90代4%

60〜80代が半数以上をしめています。

不応需件数

  • 天候不良53%
  • 重複要請33%
  • 運行時間11%
  • 機体故障3%

天候不良が約半数をしめています。

疾患別内訳

  • 外因性疾患44%
  • 内因性疾患56%

外因性疾患:956名
内因性疾患 :1,239名
計2,195名

要請件数の推移

(より詳細に各疾患別の内訳をまとめました)

外因性疾患
  • 交通事故428件
  • 交通事故以外の外傷516件
  • その他12件
内因性疾患
  • 心大血管疾患251件
  • 脳血管疾患498件
  • その他490件

周産期の現場と転院の割合

周産期

  • 現場3%
  • 転院97%

小児の現場と転院の割合

小児

  • 現場58%
  • 転院42%

スタッフの「救いたい!」の想い度

0%

あきらめないメンバーがいます。
医師としても、先輩としても。

やってみればいい。本当にやりたいことなんて、色々やっていく中でしか見つからない ENTRYはこちら
医療従事者の方へ